[PR]

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は21日、探査機「はやぶさ2」が20日に撮影した小惑星「リュウグウ」の画像を公開した。表面にはクレーターや小さな岩の塊のようなものが多数ある。

 約100キロの距離から捉えたリュウグウは、コマのような形。こうした特徴は、比較的小さく、自転が速い小惑星の特徴だが、リュウグウは直径約900メートルで、自転周期は約7時間半で遅い。

 ミッションマネジャーの吉川真准教授は、「科学的にはかなり意外で、何らかの理由で自転が遅くなった可能性がある。詳しく調べれば、コマ形惑星全般の進化や形成メカニズムが解明できる可能性がある」と話している。

 21日午後6時時点で、はやぶさ2とリュウグウとの距離は約68キロ。人が歩くよりも遅い秒速0・4メートルで接近している。27日ごろに到着し、本格的な探査に入る予定だ。(浜田祥太郎)