[PR]

 自民党の河村建夫・衆院予算委員長は21日、安倍晋三首相が20日夜の会食時、「集中審議は勘弁」と発言したと記者団に紹介したことについて、「間違いだった」と撤回した。河村氏は「総理からは『予算委員会、よろしくね』という感じのあいさつがあったのは事実だが、『勘弁してほしい』という言い方はなかった」と釈明した。

 首相は20日夜、麻生太郎財務相や自民党の二階俊博幹事長らと東京・銀座のステーキ店で会食。同席した河村氏が会食後、記者団に「(首相が)『もう集中審議は勘弁してくれ』って言うから、『なかなかそうもいかないでしょ』って言っときましたけど」などと説明していた。

 この首相発言が報じられると、野党側は一斉に反発。国民民主党の大塚耕平共同代表は「不適切、不誠実な発言だ。誠実な答弁は予算委でなされるべきだ」とし、立憲民主党の逢坂誠二衆院議員も「総理自身が丁寧に説明すると言っていることと真逆の発言だ」と批判した。足もとの自民党内からも「予算委員長は公平・中立の立場であるべきだ」などと苦言を呈する声が出ていた。(明楽麻子)