[PR]

 漫画の海賊版サイト対策で政府が打ち出したインターネット接続業者(プロバイダー)によるサイトブロッキング(接続遮断)をめぐって、プロバイダーのNTTコミュニケーションズに対し、利用者の男性が「通信の秘密の侵害にあたる」と訴えた訴訟の第1回口頭弁論が21日、東京地裁で開かれた。NTTコミュニケーションズは争う姿勢を示した。

 原告はネット上のプライバシー保護などの問題に取り組んできた中沢佑一弁護士。海賊版サイトへの接続遮断は憲法が保障する「通信の秘密」の侵害にあたると主張。中沢弁護士が利用するプロバイダーで、政府の意向を受けて漫画村などの海賊版3サイトの接続遮断を表明したNTTコミュニケーションズを相手取り、電気通信事業法違反で提訴した。

 訴状では、約款などの変更や顧客の同意がないうえ、プロバイダーがアクセスする通信の行き先をすべてチェックしたうえで海賊版サイト向けのものを遮断することから、接続遮断は「通信の秘密」の侵害にあたる、としている。

 この日の公判で、NTTコミュニケーションズは「通信の妨害は多義的で、どのような行為の差し止めを求めるかが不明確」と訴えた。

■22日に政府が検…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら