[PR]

 大阪北部地震が起きた18日、大阪市内の公立校は全校が休校となった。ただ、市教育委員会が学校に周知する前に吉村洋文市長がツイッターで「全校休校」と発信し、学校側や保護者から「混乱した」との声が上がっている。

 市教委によると、休校については通常、市教委の基準に基づいて校長らが判断する。震度による基準はない。災害対策本部が立ち上がれば、その指示で動くことになるが、指示が届くまでは現場の対応となる。

 市は地震発生と同時に対策本部を設置。市長が本部長となり、午前9時20分、自身のツイッターに「全て休校にする指示を出しました」と投稿した。市長は19日、「被災状況を確認し、教育長と話をして判断した」と見解を述べた。

 地震の影響はないと判断して授業を続けていた中学校の校長は「いつ帰ってくるのかと保護者から問い合わせもあり、混乱した」と明かす。ある小学校では、市長のツイートとほぼ同時に「通常通り」とメールで保護者に知らせたため、学校に子どもを迎えに行くか迷う保護者がいたという。

 市教委がメールで全校に休校を連絡したのは午前11時4分。学校側には電話で順次、連絡をしていたもののつながりにくかったという。タイムラグが生じた形になり、担当者は「学校には登校済みの人は帰さないように、登校前の人は来させないようにと伝えていたが、連絡手段は今後の検討課題だ」としている。