写真・図版

[PR]

患者を生きる・スポーツ「雪崩・高山病」(5:情報編)

 警察庁の「山岳遭難の概況」(2017年)によると、登山中のトラブルの約3割を滑落と転倒が占める。道迷いなども含めた事故に遭う5割以上が60歳以上だ。

 日本登山医学会長の増山茂(ますやましげる)・東京医科大教授(70)は「一昔前ならこたつでミカンを食べていた世代が、積極的に登山を楽しんでいる。体力が衰えがちだからこそ対策をとることが必要だ」と話す。

 山登りで必要な体力の維持には…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら