[PR]

 堺市で今年3月、練炭自殺を装って弟を殺害したとして、姉で建設会社長の足立朱美容疑者(44)が殺人容疑で逮捕された事件で、足立容疑者がパソコンで作成したとみられる弟の遺書が、パソコンからデータ上は消えていたことが捜査関係者への取材でわかった。大阪府警は自らが作成したことが発覚しないよう、削除したとみている。

 弟で別の会社の社長、聖光(まさみつ)さん(40)は3月27日に足立容疑者の事務所内で死亡。足立容疑者はその際、聖光さんの妻(37)にパソコンで作成された文書を遺書として手渡していた。

 その後4月に聖光さん方の車に何者かがスプレーで塗料を吹き付ける事件が発生。府警は足立容疑者宅や事務所を捜索し、事務所から足立容疑者が使っていたパソコンを押収した。

 このパソコンを確認したところ、当初遺書のデータはなかったが、より詳細な解析でキーボードの入力履歴と変換履歴を調べた結果、遺書と同じ内容の文面が打ち込まれていたことが判明したという。

 府警は足立容疑者が文書を作成後に削除したとみている。足立容疑者は容疑を否認し、その後は一貫して黙秘しているという。