[PR]

 トランプ米大統領は21日の閣議で、シンガポールで行われた米朝首脳会談の結果をめぐり、「安倍(晋三)首相と話をしたが、彼はとても感激していた。日本の上をロケットが飛ばなくなったので、彼はとてもハッピーになった」と語った。米国内では、専門家を中心に「北朝鮮に譲歩しすぎた」との批判が強まっている。トランプ氏は安倍首相が自身を支持したことを強調し、批判をかわす狙いがあるとみられる。

 トランプ氏によると、安倍首相はとても感激し、「(トランプ氏に)感謝申し上げたい。あなたが成し遂げたことは信じられないほど素晴らしい」と語ったという。両氏のやりとりは、米朝首脳会談後の12日夜の電話協議を指すとみられる。

 トランプ氏はさらに「北朝鮮は弾道ミサイルを含むミサイルの発射を中止した。彼らは(ミサイルの)エンジン試験場も破壊する」と述べ、「完全な非核化はすでに始まっている」と強調。また、「朝鮮戦争中に北朝鮮で亡くなった偉大な英雄たちの遺骨が戻ったし、戻ってくる途中にある」と述べ、首脳会談で約束された米兵の遺骨の引き渡しが進んでいることを強調した。(ワシントン=園田耕司)

こんなニュースも