[PR]

 簡易な点検だけで「問題なし」と判断していた――。大阪府高槻市の寿栄(じゅえい)小学校でブロック塀が倒れ、4年生の三宅璃奈さん(9)が亡くなった事故をめぐり、高槻市教育委員会は22日に開いた記者会見で、3年前に危険性を指摘されていながら、十分な点検をせず事故に至ったことを認め、謝罪した。

 「お亡くなりになられた児童のご冥福をお祈りし、ご家族にお悔やみを申し上げたい」。樽井弘三教育長ら市教委幹部は会見の冒頭、10秒余りにわたって深々と頭を下げた。

 市教委によると、今回倒壊した塀の危険性について、2015年11月に小学校で講演会が開かれた際、招かれた防災アドバイザーが指摘。田中良美校長から市教委に点検の依頼があり、翌年2月に市教委の職員が田中校長らの立ち会いのもとで実施した。

 ただ、この点検は学校に別の用件で職員が訪れた際に実施したに過ぎなかった。樽井教育長は「日常的な点検ということで認識が甘かった」と反省した。

 さらに、点検は目視や金属製の棒を使ってたたくことで、劣化の度合いを確認するのが主だった。樽井教育長は「浮きやひび割れがなく問題がないと判断した」と説明した。

 市教委によると、市内の59小中学校の建物の点検は3年に一度の法定点検のほか、学校側からの依頼に基づいて日常的に実施。「小中学校の老朽化が進んでいて、年間1千件以上の依頼がある」という。

 2年前の点検結果は市教委内で共有されず、記録にも残されなかった。

 樽井教育長ら市教委幹部が、外部から塀の危険性の指摘を受け、点検したことを知ったのは21日の保護者説明会が開かれる数時間前。浜田剛史市長には22日朝、伝えられた。

 また、塀には建築基準法施行令で設置が義務づけられている補強のための「控え壁」はなかった。事故後、市教委は点検を担当した建築職の職員から聞き取りを実施。職員は「建築基準法に違反しているという認識は、はなからなかった」と話したという。

 この日の会見では、樽井教育長らは記者団から繰り返し違法性の認識について問われた。ブロック塀が倒壊するかもしれないという意識がないまま見過ごされ続けた末の悲劇――。樽井教育長は「見抜けていれば、違った展開になっただろう」と悔いた。