秋篠宮ご一家は23日、東京都目黒区で開かれたインドネシアと日本の国交60周年の記念コンサートを鑑賞した。佳子さまが英国から帰国し、久々にご一家そろって公の場に姿を見せた。インドネシアの子どもたちの歌や踊り、同国の竹楽器「アンクルン」の演奏などに拍手をおくった。

 コンサートには東日本大震災で被災した宮城県の気仙沼小学校の児童も参加。終了後、眞子さまは同小の児童に「とても澄んだ声だったので聞いていてすごく心に残りました」と話し、悠仁さまは「学校生活は楽しいですか」などと声をかけたという。

 秋篠宮ご夫妻は、両国の国交樹立50周年にあたる2008年にインドネシアを公式訪問したほか、震災後の11年6月には避難所となった同小学校を訪れ、被災者を見舞った。(多田晃子)