副業・兼業で労災、ルール作りへ 働き手保護に向け議論

有料会員記事

松浦祐子
[PR]

 副業や兼業をする働き手が労災に遭った際の休業補償や過労死認定のルールについて、労使双方が参加する労働政策審議会(厚生労働相の諮問機関)が22日、議論を始めた。副業や兼業の推進の旗を振る政府は、働き手の保護を強める方向での法改正を視野に入れる。ただ、企業の責任のあり方とも関わるため使用者側には慎重論もあり、政府の思惑通りになるかは不透明だ。

 複数の職場で働く場合、今は業務でけがなどを負って全ての仕事を休むことになっても、労災認定された職場1社分の賃金に基づく休業補償金しか労災保険から受け取れない。このため、複数の職場の賃金を合算して金額を算定できないかどうかを検討する。

 過労死かどうか認定する際の…

この記事は有料会員記事です。残り378文字有料会員になると続きをお読みいただけます。