[PR]

 手術後に患者が死亡する事故があった群馬大学医学部付属病院(前橋市)で22日、遺族らとともに医療安全を話し合う「患者参加型医療推進委員会」の初会合があった。冒頭以外は非公開で行われたため、委員の遺族らは委員会の一般公開などを要望した。

 委員は遺族2人のほか、群大病院の職員ら。冒頭のみ報道陣に公開され、田村遵一病院長は「(遺族の話を)真摯(しんし)に受け止め、改善に生かしていきたい」とあいさつした。

 開催後に会見した群大病院によると、群大病院での新たな取り組みやほかの病院の事例について説明。職員負担などについても話し合った。今後は年に複数回、定期的に開くとした。

 一方、遺族も別に会見し、要望…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら