[PR]

 22日にあったプロ野球オリックス―ソフトバンク戦(ほっともっと神戸)で決勝本塁打をめぐる「誤審」があった。3―3の延長十回2死一塁、ソフトバンクの中村晃選手が右翼ポール際に飛球を放ち、当初はファウルと判定された。が、ソフトバンクの工藤公康監督からの「リクエスト」を受けて、映像でプレーを見直す「リプレー検証」の結果、覆って2点本塁打となり、そのままソフトバンクが勝った。

 試合後、この判定をめぐりオリックスの福良淳一監督が審判団に抗議した。再度、映像を検証した結果、審判団は「最初の判定通り、ファウルだった」と認めた。オリックス球団、日本野球機構(NPB)にも報告したという。

 審判団によると本塁打の記録や勝敗は変更されないという。今季から導入されたリクエスト制度では「リプレー検証によって出た全ての決定に対して異議を唱えることは許されない。異議を唱えた場合、監督は試合から除かれる」と取り決められている。福良監督が審判団に抗議したのは試合終了後、ロッカーに引きあげる通路だった。

 リクエスト制度で誤審が起きたのは初めて。(竹田竜世)

こんなニュースも