写真・図版

[PR]

 雨や台風の季節です。天気が悪くなると頭が重くなったり、関節が痛くなったりしませんか。天気の変化による痛みと上手に付き合う方法を調べました。

 天気の変化による体の不調は「気象病」と総称される。めまいや肩こりなどが起こる場合と、頭痛や関節痛、古傷の痛みなどが悪化する「天気痛」が起こる場合がある。

 なぜ天気と体調が関係するのか。メカニズムの解明も進んできた。「温度や湿度など気象の変化の中でも、特に気圧の低下が気象病の引き金になっている」と、慶応大学医学部神経内科非常勤講師の舟久保恵美さんは話す。

 ラットの実験では、気圧が下がった直後に痛みが増強することが分かった。動物実験などでは、平衡感覚をつかさどる内耳で気圧の変化をキャッチすると、交感神経の興奮が起こるという。天気によって体調が悪くなってしまう人は、自律神経のバランスがうまく取れずに、めまいが起こったり、頭痛がひどくなったりしてしまうと考えられている。

 天気痛で困らないようにするには、どうしたらいいのか。舟久保さんは「まずは、どういうタイミングで痛くなるかを知ることが大切」と、痛みが強まった時を、その日の天気と共に記録することを勧める。「頭痛ダイアリー」は日本頭痛学会のホームページなどで入手できる。

 その上で天気予報などをこまめ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら