[PR]

 終末期医療の経験を書いた投稿が、朝日新聞の「声」欄に相次いでいます。「無理な延命を望みません」と医師に答えたことが誤解を生んでしまったことを悔やむ人、保険医療財政の厳しい事情を背景に「高齢者の命が軽んじられているのではないか」と感じている人もいました。届いた投稿を出発点に、在宅医療に取り組む医師や看護師、終末期の医療政策に詳しい専門家に聞いてみました。

 東京都内の女性(56)が、90歳の父を看取(みと)った時の経験を投稿してくれました。朝日新聞に掲載された投稿は、このような内容(一部抜粋)です。

 「父は誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)と診断され、1カ月の入院中は絶飲食のまま亡くなりました。医師から『人工呼吸器はどうしますか』『無理な延命になりますよ』と聞かれ、『無理な延命なら望みません』と答えたそのことが、看護師や他の医師も見る診療記録に、蘇生措置の拒否を示す『DNR指示』と何度も記録されていました」

 「父を看取った日、心電図のア…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら