[PR]

 沖縄県名護市の米軍キャンプ・シュワブ近くの農作業小屋で銃弾のようなものが見つかったことを受け、沖縄防衛局は22日、在沖縄米軍に対して「米軍の銃弾の可能性も排除できない」とキャンプ・シュワブの射撃場の一時使用中止を申し入れた。米側からは使用中止の回答があったという。小野寺五典防衛相が同日、秋田市で記者団に明かした。

 小野寺氏によると、沖縄防衛局の申し入れに対し、米側からは「本件と関係する可能性がある射撃場の使用を中止し、警察と協力して事実関係を調査している」との回答があった。

 銃弾のようなものは21日に見つかり、農作業小屋のガラスが2枚割れていた。キャンプ・シュワブでは実弾演習も行われていた。小野寺氏は「万が一の場合には人命にかかわり得る重要な問題だと深刻に受け止めている」と語った。

 この問題について、安倍晋三首相は22日、首相官邸でハガティ駐日米国大使と面会した際、「実態解明に向けて米側の協力も得たい」と要請した。

こんなニュースも