[PR]

 3年最後の夏に主将とマネジャーで臨む双子の兄妹がいる。四商(西東京)の主将森田恵介とマネジャーの恵梨だ。

 「9番、ファースト森田君」。恵梨のアナウンスが東京都練馬区の自校グラウンドに響く。6月上旬の練習試合。恵介は恵梨からもらったバッティング手袋をはめ、打席へ。最初の打席は死球。その後2打席は凡退に倒れた恵介は「結果を残したかったのに」と悔しがった。

 恵梨は小学生時代、外に出るのが嫌いで、内気な性格だった。変わるきっかけを作ったのは、恵介だ。

 小学5年の春、恵介が野球を始めた。恵梨は母と一緒に練習や試合に足を運んだ。同い年や年下の小学生が必死に白球を追うのを見て、「野球に一目ぼれした」。その後、足を運び続け、「高校で野球部のマネジャーになる」と決めた。

 中学では、野球部が部員不足で試合に出場できないため、代わりにバドミントン部へ。土日は恵介のシニアリーグの試合に足を運んだり、高校野球の試合を見に行ったりした。

 高校進学の際、恵梨は「マネジャーが選手と一緒に活動できる学校を」と四商を選んだ。一方、恵介は経済的負担を考え、希望していた私立高校を諦め、四商を選んだ。入学が決まると、恵梨は恵介に教えてもらい、スコアを書く練習をした。

「2人の存在なしにはチーム成り立たない」

 入学後、恵梨は試合でスコアをつけたり、選手の飲み物を作ったりするほか、大会では球場でのアナウンスを務めた。練習後は選手が少しでも早く帰ることができるようにと、率先して道具を片付けた。

 2年夏、恵介は監督の松井田隆宏から「控え選手の気持ちを一番理解している」と主将に指名された。

 一方、恵梨も練習試合や大会で他校の選手やマネジャーに積極的に声を掛けた。練習の様子を聞いたり、動画を送ってもらったりした。「選手のために他校のマネジャーがしていないことをして貢献したかった」。聞いた内容は選手たちに伝えた。練習では、凡打で全力疾走しない選手に「一塁までしっかり走って」とげきを飛ばした。

 しかし、それが選手との溝を作り、話を聞いてもらえなくなった。「チームが勝つためにやったのに……」と恵梨。「部活を辞める」と、母の多恵子(43)に告げたという。

 そんなとき、支えたのは恵介だった。家で話を聞き、「部活にはちゃんと行こう」と説得した。練習中は積極的に話しかけ、選手には妹の考えを伝えた。兄の気遣いに「味方になってくれてうれしかった」と恵梨。松井田は「2人の存在なしにはこのチームは成り立たない」と話す。

 5月、恵梨は恵介に感謝を伝えるために手紙と名前が刺繡(ししゅう)されたバッティング手袋を送った。手紙にはこれまでの感謝や、部活を辞めようとしたことなどがつづられた。「アナウンスもスコアも仕事もがんばる。夏勝とう。野球に出会わせてくれてありがとう」=敬称略(滝口信之)