[PR]

 大阪府警は、18日の地震で自宅のガス機器が停止した大阪市の60代男性が、実際には修理していないのに、業者から高額な代金を請求される被害に遭ったと発表した。府警は地震に便乗した悪質商法に注意するよう呼びかけている。

 生活経済課によると、男性は地震後、電話で業者に修理を依頼。業者を名乗る男らが訪れ、「部品交換が必要」と十数万円を要求した。男性は支払った後、不審に思って警察に相談。警察が別のガス業者とともに確認したところ、部品を交換した形跡はなく、地震で自動停止したガス機器の復帰用ボタンを押しただけとみられるという。

 同課は、押しかけてくる業者はきっぱり断り、業者に依頼した場合も、見積書などで工事内容や金額をよく確認し、安易に契約書にサインしないよう呼びかけている。