[PR]

 大阪府北部を中心に最大震度6弱を観測した地震から6日目の23日、大阪モノレールが全線で再開し、鉄道はすべて復旧した。臨時休業していた万博記念公園(大阪府吹田市)も再開した。

 午前9時半、万博記念公園のゲートが開いた。同府池田市の笠野智恵子さん(81)は「地震でこわかったけど、太陽の塔に元気をもらいたい」。友達や娘2人とバーベキューに来た京都府長岡京市の会社員足利恵子さん(40)は「今週はずっと緊張状態だった。のびのび楽しく過ごさせてやりたい」と話した。

 大阪府によると、地震による府内の建物被害は吹田市などで新たに279棟増え、全壊1棟、半壊34棟を含む計3164棟になり、さらに増える見込み。高槻市や茨木市などでは、建物の被害の程度を証明する「罹災(りさい)証明書」の受け付けが続く。大阪市は25日から受け付けるという。

余震、1週間は注意を

 気象庁によると、大阪府北部地震があった18日以降、周辺で震度1以上を観測した地震の回数は計40回(23日午前7時現在)。18日は22回、19日は12回を観測したが、20~22日は2回ずつとなっている。

 余震の回数は比較的少ない状況が続いているが、気象庁は「揺れの強かった地域では、地震発生から1週間ほどは、最大震度6弱程度の地震に注意が必要だ」としている。