[PR]

 22日にあったプロ野球パ・リーグのオリックス―ソフトバンク戦(ほっともっと神戸)で起きた誤審をめぐり、日本野球機構(NPB)の友寄審判長と仲野パ・リーグ統括が23日、ほっともっと神戸を訪れ、オリックスの福良監督、長村球団本部長らに謝罪と事情説明を行った。オリックス側は誤審が起きる前の時点からの試合のやり直しなどを求めた。

 誤審は決勝本塁打をめぐって起きた。3―3の延長十回2死一塁からソフトバンクの中村晃が右翼ポール際へ飛球を放った。当初はファウルと判定されたが、工藤監督からのリクエストを受けてのリプレー検証の結果、覆って本塁打となり、5―3でソフトバンクが勝った。試合後、福良監督が審判団に猛抗議し、再度、映像を検証した結果、審判団は「ファウルだった」と誤審を認めた。

 一夜明けてのオリックスへの謝罪と事情説明は約2時間に及んだ。その後の会見で、誤審が起きた理由について友寄審判長は「(試合中の)リプレー検証ではコマ送りの仕方や映像の止め方が間違っており、判定も間違ってしまった」と説明。「誤審をなくすためにリプレー検証をやっているわけで、こういうことがあってはいけない。注意喚起をしていきたい」と語った。今後、改善策なども検討するという。

 オリックスからは複数の要望が出されたといい、仲野統括は「いろいろ課題を頂いた。出来るものは可及的速やかにし、検討を要するものはしっかり検討して回答したい」と話した。要望の内容は明かせないとした。会見の最後に「オリックスファンをはじめ多くの野球ファンの方にご迷惑をおかけしたことを審判長としておわびいたします」とそろって頭を下げた。

 その後、オリックスの長村球団本部長も報道陣の取材に応じ、NPB側に十回2死一塁の時点からの試合のやり直しなどを要望したことを明かした。仲野統括は会見で「野球規則通りの適用になる」と語り、こうした特例的な対応を否定している。

 長村球団本部長は、「毎日、勝敗を競うなかで監督も選手もコーチも戦っている。ことの重大さ、誤審を完全に認めていることを踏まえて要望を出させて頂いた」とした。「謝罪を受けて納得したか」と問われると、「納得出来ないから要望を出している。しっかり向こうで検討して頂きたい」と語気を強めた。

 この日の試合は雨のため中止となった。(竹田竜世)

     ◇

 工藤監督(ソ) 「僕らの持っている権利の中で主張できることをやってもらった。こうなったのは残念ですが、二度と起こらないように検討してもらいたいと思います」

 中村晃(ソ) 「なんとも言いようがない」