[PR]

前熊本市長 幸山政史さん

 熊本市長になって2期目の2007年5月に、慈恵病院が育てられない赤ちゃんを預かる「こうのとりのゆりかご(赤ちゃんポスト)」を始めました。3期目が終わる14年12月までの7年半の間、20人以上の名づけにかかわりました。

こうやま・せいし
1965年生まれ。日本債券信用銀行勤務、熊本県議を経て2002年12月から熊本市長を3期12年務めた。

 預けられた赤ちゃんの全員に、名前をつけるわけではありません。親がだれかわからず、児童相談所が調べても身元が判明しない場合です。赤ちゃんを親の戸籍に入れられないため、役所が新たに戸籍をつくり、命名するのです。

 預けられた赤ちゃんに初めて名づけをした際には、市役所の担当者がこういう名前にしますと、市長の決裁を求める書類を持ってきました。ゆりかごの設置を許可したときに、責任の重い判断をしたなあという思いがありましたが、実際に名前をつけるという段階にいたって、この赤ちゃんの人生をある意味で背負うことになるんだ、と改めて思った瞬間でした。

 どういう名前にするかは、児童…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら