[PR]

 サッカー日本代表の西野朗監督が23日、エカテリンブルクの試合会場で会見し、「多少のリスクを冒しても勝負をかける」と述べ、セネガル戦での勝利にこだわる姿勢を示した。

 日本、セネガルともに1次リーグ初戦を勝利して迎える第2戦。連勝すれば、1試合を残して1次リーグ突破の可能性が出てくる一戦だ。西野監督はセネガルの印象について「選手個々の強さや速さだけでなく、それを生かすための組織的な守備の強さがある。これまでのアフリカのチームとは違う」と警戒した。

 海外メディアからセネガル対策を聞かれると、「乾や大島を5キロ増量させ、身長を5センチ伸ばす調整には失敗した」と冗談を交える場面も。その上で、「肉体的な接触が増えると状況は厳しい。軽い体と頭で考え、ボールを動かしていきたい。チーム力には自信を持っている。相手を恐れるのではなく、楽しみに考えている」と話した。

 日本の先発については「相手が10人だったとはいえ、コロンビアに勝ち切れた。基本的にはコロンビア戦のメンバーで、と考えている」と語った。(清水寿之)