[PR]

 第100回全国高校野球選手権記念大会の地方大会が始まった23日、沖縄大会の2回戦、八重山商工―南部工戦(アトムホームスタジアム宜野湾)は、今回から導入されたタイブレーク制で初めて決着がつく試合となった。南部工が延長十三回、5―4でサヨナラ勝ちした。

 南部工は4―2の九回、2死から追いつかれて延長戦に。タイブレーク制に入った延長十三回、1死満塁で4番の上原大雅投手(3年)が中犠飛を放った。九回に乱れて試合を長引かせただけに「自分で決めたかった」。夏の選手権史上初のタイブレーク勝者となり、「難しい状況で勝ちきったのは、今後の財産になる」と声に力がこもった。

 打たれた八重山商工の2番手、亀田楓真(ふうま)外野手(2年)は八回から救援していた。最後を振り返り、「初めから走者がいて余裕がなかった。焦ったのかもしれない」と目を伏せた。

こんなニュースも