[PR]

斉藤鉄夫・公明党幹事長代行(発言録)

 1年前の議員立法で出来た法律(解禁法)は(公明党の賛否が割れたが)、国会が政府に対してカジノを含む統合型リゾート法案を用意しなさいという法律だった。それが決定されて(成立して)国会の意思になった。その国会の意思にもとづいて政府が法案を作った。その法案の中に公明党が考える厳しい規制が入った。わたしは世界一厳しい規制の法案ができたと思う。与党として成立を図っていくことは当然だ。(NHKの討論番組で)

こんなニュースも