[PR]

 国際サッカー連盟(FIFA)は23日、ワールドカップ(W杯)スイス代表、シャカとシャキリが1次リーグE組のセルビア戦で得点した後にアルバニア国旗に描かれる双頭のワシを両手で模したとみられるパフォーマンスを行ったことに対し、規律委員会が調査を開始したと発表した。

 シャカ、シャキリともアルバニア系スイス人で、コソボにルーツを持つ。コソボは2008年に独立宣言したが、セルビアが認めていないという政治的背景がある。22日に行われた試合はスイスがシャカとシャキリの得点で2―1と逆転勝ちした。

 同じ試合でセルビアのファンが政治的で攻撃的なメッセージを掲げたなどとして、規律委は同国サッカー協会への調査も始めた。(共同)

こんなニュースも