[PR]

(25日、日本2―2セネガル サッカー・ワールドカップH組)

 不動の左サイドバックとしてこの日もフル出場した長友佑都(31)。「健康」「食」への強いこだわりが無尽蔵のスタミナを生んできた。

 「セネガルはめちゃくちゃ強い」と警戒して臨んだこの試合、何度も相手のサイド攻撃を体を張って止めた。日本の攻撃では前線まで駆け上がり、日本の1点目にも絡んだ。長友からボールを受け取った乾貴士(30)が同点ゴールを決めると、乾を抱きしめ、観客席に向かって何度も拳を突き上げた。

 そんな長友に食事を用意してきたのが、専属シェフの加藤超也(たつや)さん(34)。トルコ・イスタンブールの長友の自宅へ毎日通い、1日3食の食事を作る。長友の体調に合わせ、献立を練る。胃腸が疲れていれば脂質の少ない和食ベース、糖質を抑えて栄養を取りたいときはイタリア料理をベース、といった調理法で工夫を重ねる。

 こだわりは新鮮な生魚。地元の市場に通い、魚を買い付ける。トルコでは生魚を食べる習慣がないため、目利きは自己責任だ。「選手の体に必要なものを用意してこそ、料理人です」

 かつて、神奈川のイタリアンレストランで修業を積んでいた加藤さん。2016年春、長友がツイッターで食へのこだわりを投稿しているのを見かけた。「この人をサポートしたい」。心が騒ぎ、すぐにツイッターのアカウントを作ってメッセージを送った。「専属シェフになりたいです。どこにでも行く覚悟があります」。2カ月後、面接を経て正式に採用が決まった。

 専属シェフとして間もなく2年…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら