[PR]

(24日、日本2―2セネガル サッカー・ワールドカップ)

 最も仕事をさせたくない相手に、ゴールを奪われた。

 セネガルのエースで背番号10を背負うFWマネ。前半11分、この26歳に先取点を許した。

 それも、日本のミスが重なったのが痛かった。左サイドからのクロスを、ゴール前でMF原口が頭に当てた。相手はおらず、ピッチの外へ球を出してプレーを途切れさせる選択もできたはずだった。だが、その中途半端なクリアが相手選手に渡り、フリーでシュートを打たれた。

 GK川島はパンチングで球を前にはじこうとした。この判断も裏目に。目の前に走り込んでいたマネの、足に球を当ててしまう形になった。跳ね返ったボールが、ゴールへ転がっていった。

 身体能力が高いだけでなく、組織立ったセネガル。そんな彼らの攻撃をどう止めるか――。攻撃の中心にいるのはマネ。西野監督は「彼がいることで周りの選手も生きてくる」と警戒していた。

 だからこそ、マネを封じることで相手のリズムを狂わせようとした。目の前で相対するDF酒井宏は、攻め上がりを抑え、常に近くで監視していた。「日本が攻めているときこそ、守備のことを考える」

 先取点をきっかけに、一時は劣勢に立たされた。ただ、ペースを取り戻したのもマネに対する守備。前半32分、セネガルが後方からのロングボールで一気の逆襲、マネが走っていた。この動きを察知していたのが、酒井宏。もつれながらも突破を許さなかった。その直後に、乾の同点ゴールが生まれた。

 前半39分には、一瞬のスピードで抜け出したニャンがシュート。川島がミスを挽回(ばんかい)するセーブを見せた。

 恐れず、迫力ある相手の攻めに立ち向かった。(藤木健