[PR]

 サッカーJ1ヴィッセル神戸の合宿が25日、上富田町朝来の上富田スポーツセンター球技場で始まった。W杯ロシア大会によるリーグ中断期間にトレーニングを積むのが狙いで、チームは30日までの合宿中、練習を一般に公開する。

 訪れたのは、ロシア大会に韓国代表として出場中の2選手と大会後に合流するスペイン代表MFのアンドレス・イニエスタ選手(34)を除く選手31人とコーチ、スタッフ。町による歓迎セレモニーの後、昨季途中に加入した元ドイツ代表FWのルーカス・ポドルスキ選手(33)や元日本代表FWのハーフナー・マイク選手(31)らが芝生のピッチでランニングやパス回しなどをして汗を流した。ポドルスキ選手は「静かで森もあっていい環境だ。キャンプをリーグ後半戦につなげたい」と話していた。

 練習は26、27日が午前9時半から、28、29日が午後4時からの予定。30日には練習試合があり、午前11時からが対中国のチーム、午後1時からが対アルテリーヴォ和歌山となっている。町によると、J1経験チームの合宿は2007年の柏レイソル、08年のセレッソ大阪以来。(東孝司)