[PR]

 ブラックホールを調べる新たな手法を、日本とスウェーデンの共同研究グループが開発した。宇宙のちりなどがブラックホールに吸い寄せられた際に高温になって輝く「コロナ」を分析する。今回の手法と、重力波による観測とを組み合わせれば、ブラックホールをめぐるナゾの解明が進むと期待される。

 コロナの大きさや構造はブラックホールの性質を強く反映するとされるが、直接観測するのは難しい。そこで、研究グループはコロナを対象に、光の波の振動方向の偏り(偏光)の度合いを測ることにした。

 北極圏の上空40キロに気球で分析装置を上昇させ、6千光年先のはくちょう座のブラックホールを観測した。

 コロナには二種類のモデルがあり、偏光の度合いは、比較的広がりを持つモデルだと小さく、コンパクトなモデルだと大きくなると推定されてきた。観測の結果は、広がりを持つモデルの値とほぼ一致したという。

 研究グループの高橋弘充・広島大助教は「今後はブラックホールの自転速度や、時空のゆがみの状態などの解明につなげたい」と話している。