[PR]

 25日のサッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会1次リーグH組で、日本はセネガルに2―2で引き分けた。三重県名張市出身のMF山口蛍選手(27)=セレッソ大阪=は出場しなかったが、名張市役所で行われたパブリックビューイング(PV)では日本に大声援が送られた。決勝トーナメント進出をかけて、28日午後11時(日本時間)から行われるポーランド戦で、山口選手の活躍を期待する声が出た。

 この日は初戦のコロンビア戦よりも3時間遅い午前0時開始ながら、PV会場には約130人が詰めかけ、日本代表の青いユニホームで染まった。

 鈴鹿市の会社員、岩田真理子さん(26)は名張市出身で、小学校時代の同級生3人と一緒に観戦した。セレッソ大阪の年間観戦券を買って試合に通うほどの大ファンだ。「日本は初戦が良かったので今日も勝ってほしい。山口選手は途中から出そうな気がする」

 試合は前半早々にセネガルに得…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら