無派閥の「菅派」、忠誠乱れず「捨て犬同然の自分を…」

有料会員記事

今野忍
[PR]

 昨年9月、自宅でシャワーを浴びていた三谷英弘の携帯電話が鳴った。画面には見覚えのない番号が示されている。

 「菅です」

 電話の主は官房長官菅義偉だった。「飯食おう。出て来られるか」

 衆院解散4日前。当時41歳だった三谷は、みんなの党で衆院議員を1期務めた後、2014年衆院選で落選していた。名刺交換した程度の関係だった菅の電話に驚いた。「なぜ自分を呼び出すのか」

 首相官邸に近いホテルの和食店。菅の目の前で冷やしうどんをすすっていた三谷は、菅の言葉にもう一度驚く。

 「うちから出ないか」

 自民党公認候補としての立候…

この記事は有料会員記事です。残り1139文字有料会員になると続きをお読みいただけます。