[PR]

 晩婚化、非婚化が進むなか、20代から熱心に婚活に取り組む人もいます。何が若者を駆り立てているのでしょうか。

 福岡県の保険会社員の女性(28)は、500ミリリットルのチューハイを1、2本飲んで、眠りにつく日々だ。休日に赤ワイン3本を空ける日もある。「こんな時に誰かと一緒に住んでいれば、止めてくれるのにな」

 契約のノルマ達成のため客の都合が最優先。約束が取れれば休日も出勤する。月曜日、上司に結果を報告する。成績が振るわない時は、胃からせり上がるものがあり、会社や家のトイレで吐く。

 国立大学を卒業後、新卒で入社。最初に配属された部署は上司全員が独身女性だった。「このままだと私も……」と思った。その懸念は最近になって、さらに強くなった。

 客のなかには自分に好意を寄せてくれた男性もいた。だが、「営業用の自分に恋してくれただけ」と線引きした。

 2年前、1歳年下の会社員の男…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら