[PR]

 川崎医大(岡山県倉敷市)と広島大などの研究チームは「ゲノム編集」の技術を応用した新しいがん治療戦略を開発した。遺伝子を狙い撃ちする抗がん剤「分子標的薬」などが未開発か効果がないタイプのがんに有効だという。27日、米のがん治療専門誌電子版に掲載される。

 肺がんは、できる組織によって4種類に分かれ、特性や治療法が異なる。川崎医大の深沢拓也准教授と広島大の佐久間哲史講師らはその中で、扁平(へんぺい)上皮がんと呼ばれる種類を対象にした。喫煙者に多く、有効な分子標的薬がまだない。肺以外に、食道や皮膚などにもできる。

 研究チームは扁平上皮がんの細胞に多いある遺伝子に注目した。この遺伝子が働かないようにすると、がん細胞の増殖が抑制されるが、有効な手段はまだ見つかっていなかった。

 研究チームは、特殊なたんぱく…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら