[PR]

 日産自動車のカルロス・ゴーン会長は26日の株主総会で、2017年度の自身の役員報酬が前年度比33%減の7億3千万円だったと説明した。10億円を下回るのは4年ぶり。17年4月に社長兼最高経営責任者(CEO)を退き、会長に就いたことなどが減額の理由とみられる。

 ゴーン氏の日産での役員報酬は16年度の10億9800万円が過去最高だった。ゴーン氏は「前年の会社の業績と個人の貢献度に基づいて設定した」と述べた。

 ゴーン氏は仏ルノーの会長兼CEO、三菱自動車の会長も兼ねる。ルノーの役員報酬は740万ユーロ(約9億5千万円)、三菱自は2億2700万円だった。3社あわせた17年度の役員報酬は約19億円にのぼる。

 自動車業界では、トヨタ自動車がディディエ・ルロワ副社長に対し、18年3月期の役員報酬として前年の1・5倍の10億2600万円を支払ったと開示した。同社の役員報酬として初めて10億円を超え、豊田章男社長の役員報酬(3億8千万円)の3倍近くにあたる。(木村聡史)