[PR]

 長岡市西川口の魚野川(信濃川の支流)に設けられた「川口やな場」と、近くの親水広場「水辺プラザ(西川口河川公園)」が1日、リニューアルオープンした。7年前の水害で大きな被害を受けた施設は、河川改修などの対策が施され、観光や市民の憩いの場として復活した。

 川口やな場は、明治以来150年の歴史を持ち、アユやヤマメなどの川魚が捕れる観光名所として年間1万5千人が訪れていた。一方、水辺プラザは釣りや水遊びができる「体験交流拠点ゾーン」として、魚野川沿いに2003年8月にオープンした。

 しかし、11年7月の新潟福島豪雨で魚野川が氾濫(はんらん)。やな場や水辺プラザには大量の土砂が流れ込んだ。一帯は13年9月にも台風で被害を受けている。

 国土交通省の信濃川河川事務所…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら