[PR]

 「OLロス」という言葉がネット上で飛び交っている。OLとは、4~6月のテレビ朝日系ドラマ「おっさんずラブ」の略称。放送が終わってしまったことを惜しむファン(通称・OL民)たちがさかんに寂しさを吐露しているのだ。なにがそんなに魅力的なのか。

 おっさんずラブは、4月21日から6月2日まで、テレ朝系で土曜夜11時15分から放送された。モテとは無縁だった33歳の主人公・春田創一(田中圭)が、職場の上司の黒澤武蔵(吉田鋼太郎)と後輩の牧凌太(林遣都)から告白される。同性からの好意を最初は受け入れられなかった春田だが、2人の思いを受け止めるうち、しだいに人を愛することと向き合っていくストーリーだ。

 男性同士の恋愛を描きながらも、同性愛に対する社会の偏見や、当事者たちの葛藤に焦点を当てていないのが特徴だ。脚本を手がけた徳尾浩司(とくおこうじ、39)は純粋に「恋っていいな」と伝えたかったと話す。「目の前の人を好きになるってどういうことなのかをドラマにしようというのが出発点。『ちゃんと恋愛ドラマをやろう』という思いでした」

 徳尾は少女漫画好きだといい、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら