片山晋呉選手に厳重注意 「不快な思い、申し訳ない」

【動画】男子プロゴルフの片山晋呉選手の処分をめぐり日本ゴルフツアー機構が記者会見を開いた=坂本進撮影
[PR]

 男子プロゴルフの片山晋呉選手(45)が日本ツアー選手権森ビル杯宍戸ヒルズのプロアマ大会(5月30日)で一緒にプレーした男性招待客に不適切な対応をした問題を受け、日本ゴルフツアー機構は27日、東京都内で記者会見を開き、片山選手に制裁金30万円と厳重注意処分を科したと発表した。プロアマ大会でのトラブルによる処分は初めてという。

 プロアマ大会は、トーナメントの主催・協賛企業が取引先などを招待し、出場選手とプレーしてもらう行事。調査委員会の野村修也委員長によると、片山選手は男性客が1ホール目でプレーしていたにもかかわらず、声もかけずにパターの練習をした。男性客は不愉快な思いを抱き、2ホール目で引き揚げたという。暴言や暴力などはなかった。

 野村委員長は「片山選手の行動はホスピタリティーに欠けていた」と処分理由について話した。一方で、片山選手がトーナメントの出場を自粛していることなどから、出場停止処分を下す必要はなかったとした。

 会見に出席した片山選手は「今回はこういう騒動になり、申し訳ありませんでした」と謝罪した。