[PR]

 石油元売り大手の出光興産と昭和シェル石油が2019年春をめどに経営統合する見通しになったことが27日、わかった。両社は15年に経営統合で合意したが、約28%の出光株を持つ出光の創業家が反対。膠着(こうちゃく)状態が続いていたが、創業家側が賛成に転じ、統合が実現に向けて動き出すことになった。石油元売り業界は、最大手のJXTGホールディングス(HD)との「2強」体制に再編されることになりそうだ。

 出光側が近く、昭和シェルに改めて統合を提案する。両社が年内に開く臨時株主総会で承認を得て新会社が発足する見通しだ。統合形態は株式交換による合併が有力だ。新会社の名前などは今後詰める。

 関係者によると、創業家側は両社の合併に強硬に反対してきたが、出光経営陣との協議の場が最近復活。創業家側が出光昭介名誉会長の長男らを新会社の取締役に就任させることなどを求め、経営陣が要求の一部を受け入れたことで膠着状態を打開できたという。

 昭介氏が統合について依然として納得していないとの見方もあるが、創業家の主要メンバーは統合について賛成に転じたと関係者はみている。28日に開かれる出光の定時株主総会で、経営陣が創業家側との協議の経緯を含め、統合についてどう言及するかが注目される。

 国内需要の落ち込みが続く石油…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも