[PR]

 今夏に100回目を迎える、全国高校野球選手権大会(夏の甲子園)。「高校野球大好き芸人」として活躍するかみじょうたけしさん(40)にとっての甲子園ベストゲームとは? 選んだのは、決勝戦九回2死走者なしからの猛追……。そう、あの試合でした。

 2009年の春、ひょんなきっかけで日本文理を応援するようになりました。

 当時、僕がアルバイトしていたスナックで「明日、清峰(長崎)と日本文理の試合があるけど、清峰のピッチャーの今村君がものすごいいい」って盛り上がっていたんで、僕が「日本文理のピッチャーの伊藤直輝君もええよ」みたいなことを言ったんですよ。そうしたら、カウンターで一番端っこで飲んでいたおっさんが「にいちゃん、伊藤知ってんの? いい子だね~」って言って。甲子園に応援に来ていた伊藤君のお父さんやったんすよ、偶然。

 「あした試合ですやん。こんなとこで飲んでてよろしいの」って僕が言うと、「うれしいから飲むよ~。お前も飲め」って言われて結構飲んだんです。

 「応援行きます」って言って、翌日にアルプススタンドに行ったら、伊藤君のお父さん、二日酔いでずっと下向いてました。「お前よく来たな、他人の試合に」って言われました。

投票 甲子園ベストゲームファイナル

夏の甲子園、歴代最高の試合を投票で決定! プレゼントキャンペーンも実施中です。

 その試合、日本文理は完封負け。お父さんに「夏待ってます」って言いました。そしたら、夏に帰ってきたんです。

 夏の大会もずっと日本文理を応援していて、決勝まで進みました。決勝前、伊藤君のお父さんと「中京大中京は強いから、絶対負ける空気が出てるな」って言ってました。「芸人だったら板東英二のものまねやってくれ」って言われて、試合前にアルプススタンドで日本文理の生徒の前でものまねをやらされて。ウケるわけないじゃないですか、マイクもないのに。「お前、まだまだだな」とか言われました。それでアルプスの上に行って観戦してたんですけど、まさかこんな試合になるとは思わなかったです。

(かみじょうさんが選んだのは2009年決勝、日本文理9―10中京大中京。日本文理は九回2死走者なしから見事な猛追で5点を挙げ、1点差まで迫った。最後のアウトも強烈な三直だった)

 僕がよく覚えているのが、4-10の九回、2アウトランナーなしになったときに、横に座っていたおっちゃんが「阪神電車混むから、もう帰ろう」って帰ったんですよ。あと1アウトじゃないですか。それで、「混む混む」ってそこからパラパラって何人か帰った。

 でも、九回2アウトから1番の切手孝太君に打席がまわって、彼が四球で塁に出るんですよね。その時に「あれ、これまだ終わらない」って思ったんです。

 普通、高校3年生の最後のバッターボックス、スイングして終わりません? 高校生活最後っすよ、決勝戦やから。ボールを見極めて塁に出るって「こいつまだ諦めてへんやん」って思ったんすよ。

 その後、4番の吉田雅俊君が三塁側のファウルグラウンドにフライを打ち上げたんです。「うわ、これで終わったか」と思ったら、三塁手がボールを見失ったんですよね。ファウルグラウンドでボールが高く跳ねたときに、「まだ試合終わってない」って感じで、一塁側のアルプスが「ぶわーーーっ」って沸いたんです。結局、吉田君は死球で塁に出て、相手ピッチャーの堂林翔太君が降りたんですよね。

 ピッチャーが代わって、5番打者は四球。そして、6番の伊藤君になったときに、「い・と・う」っていう声が球場全体に響きました。長年高校野球を見てますけど、地鳴りのような「伊藤コール」、あんな揺れるような甲子園を今まで経験したことがないですね。

 「なんか起こるんちゃうんか」って、あれよあれよと九回に5点を奪って1点差まで追いついた。すごい鳥肌が立ったのと、「あのおっちゃん、いまごろ絶対梅田に着いてるやろな。めちゃくちゃ後悔してるやろな」って。「九回2アウトランナーなしまでみて阪神電車乗りよった」と思いました。

 僕の中では色んな意味でベストゲームですね。諦めないっていう3年生の意地と、勝った方が泣いて負けた方が笑顔だったっていうね。すばらしい高校野球をみせてもらったっていう感じでした。もしも野球事典があって、「九回2アウト、野球は2アウトから」っていうのをひいたら、この試合が出てくるやろ、っていうゲームですよね。

ベストゲームファイナル

     ◇

 全国高校野球選手権大会(夏の甲子園)で、最も心に残る試合を選ぶ企画「投票 甲子園ベストゲームファイナル」が、朝日新聞社と朝日放送(ABC)テレビが共同で運営する「バーチャル高校野球」で始まりました。候補となるのは、昨年の投票で各都道府県の代表校の「ベストゲーム」に選ばれた試合など計45試合です。結果は8月に発表します。

     ◇

 〈かみじょう・たけし〉 1977年生まれ。兵庫県淡路島出身。松竹芸能所属。板東英二さんのモノマネでおなじみ。2006年に漫才コンビ「ロビンス」を解散後は、1人で活動。小学校で野球を経験、中高はソフトテニス部。(聞き手・石川達也)