[PR]

 愛知県東浦町の市民ランナー風見尚(なお)さん(35)が、24日に北海道で開かれたマラソン大会で、男子100キロの世界新記録となる6時間9分14秒で優勝した。20年ぶりの記録更新で、従来の記録より4分19秒速い。実業団の陸上部を退いてから個人練習を続けて成し遂げた快挙だ。「自分がうれしいというより、周りの方の喜んだ顔を見ることができてうれしい」と語る。

 記録を出したのは、第33回サロマ湖100キロウルトラマラソン。スタートから先頭集団で競り合い、フルマラソン地点を2時間33分38秒で通過。70キロ台で単独1位に立った。

 1キロ平均は約3分41秒で、終始10キロを36~37分台で刻むなど、ペースを大きく落とすことなくゴールした。100キロマラソンは3度目で、完走は2度目。「タイムより順位にこだわっていた。ここまで記録が出るとは思っていなかった」

 東京都出身。中学から陸上部で長距離を始めた。駒沢大時代は、全日本大学駅伝など「大学3大駅伝」に出場することなく卒業。2006年に現在の勤務先である自動車部品メーカー「愛三工業」(本社・愛知県大府市)の陸上競技部に入った。だが4年で「戦力外」となって退部した。

 退部後はフルタイムで働きながら趣味で走り、小学生に競技の指導をする日々を送った。しかし1年半後、母親の病気が発覚。「勇気づけるためにできること」を考え抜いた末、市民ランナーとして「もう一度速さを求めてやっていく」と決めた。

 普段は午前4時40分に起き、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら