[PR]

1985年・決勝

 決勝は3―3のまま、九回裏のPL学園の攻撃も2死。2番安本が初球を打つと、打球はフラフラと二塁手の後方にあがった。

 「一番危ないところだな」。三塁ベンチ前でキャッチボールをしていた桑田は思った。「声かけをしないとポトリと落ちるぞ」

 宇部商も承知している。「セン…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら