[PR]

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は27日、ドイツ(世界ランク1位)が韓国(同57位)に0―2で敗れ、1次リーグF組最下位で姿を消した。

 前回優勝国が1次リーグで敗退するのは、1998年フランス大会に現行の方式になって以降では、2002年日韓大会のフランス、10年南アフリカ大会のイタリア、14年ブラジル大会のスペイン、そして今大会のドイツと3大会連続4度目。

 1950年のイタリア、66年のブラジルも、前回王者として1次リーグ敗退の屈辱を味わっている。

W杯前回大会王者の1次リーグ敗退

1950年 イタリア

 66年 ブラジル

2002年 フランス

 10年 イタリア

 14年 スペイン

 18年 ドイツ

(1950年のイタリアは38年優勝)(時事)