[PR]

 和菓子老舗の赤福(三重県伊勢市)は、1911年(明治44年)以来の新しい定番商品「いすず 野あそび餅」を売り出す。7月15日から、伊勢神宮内宮に近い赤福五十鈴川店で購入できる。

 新しい商品は、4種類8個入り。注目は、手亡豆(てぼうまめ)をベースにしたあんに大麦の若葉を練り込んだ「緑色の赤福」だ。「原っぱで野遊びをする小さい子ども」をイメージして考案。社内で試食を重ね、10カ月かけて苦みの少ない味にたどり着いたという。

 このほか、白小豆と手亡豆を使った白あんの餅と、江戸時代後期から明治時代末期にかけて黒砂糖を使ってつくられた赤福餅の「復刻版」、11年にお目見えした現在の赤福餅で構成される。

 白あんの餅、黒砂糖を使用した餅はそれぞれ、昨年4~5月、伊勢市内で開かれた第27回全国菓子大博覧会・三重で限定発売された。赤福の玉井伸弥総務課長は「反響が大きく、もう一度食べたいといった問い合わせが100件を超えた」と新商品発売に踏み切った背景を説明する。

 「いすず 野あそび餅」は1箱760円(税込み)。問い合わせは赤福(0596・22・2154)へ。(安田琢典)