写真・図版

[PR]

 じっとしていても汗がわき出る季節、頼りになるのが冷房です。しかし、冷えすぎて体温調節がうまくできなくなり、頭痛やめまい、倦怠(けんたい)感などがでる、いわゆる「冷房病」になることもあります。どんな対策ができるのでしょうか。

 20~70代の男女720人を対象にした2012年のダイキン工業のインターネット調査によると、冷房が効いた場所とそうでない場所の出入りが多い人ほど、夏場に体調を崩す割合が高かった。体調不良の割合は、出入りがないと16%だったが、出入りが「たまにある」と37%、「よくある」では43%にのぼった。

 横浜国立大の田中英登教授(環境生理学)は「気温5度以上の差がある場所の出入りを繰り返すと、体温調節がうまくできず、冷房病になりやすい。悪化することもあるので、不調を感じたら、快適な気温の場所で座って休んで」と話す。冷え対策として、すぐにはおれる上着を持ち歩き、寒暖差の大きな場所の出入りを減らすことが有効という。

 「冷え」に詳しい東京有明医療…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら