誤審やり直しのPK戦、J1名古屋が勝利 天皇杯2回戦

[PR]

 6日のサッカー天皇杯2回戦のPK戦で競技規則の適用ミスがあった問題で、J1名古屋対JFL奈良クラブのやり直しのPK戦が28日、同じ会場のパロマ瑞穂スタジアム(名古屋市)であった。午後6時から行われ、名古屋が7―6で勝った。3回戦進出の名古屋は来月11日、J1広島と対戦する。

 異例の一戦は入場無料で行われ、約2215人がメインスタンドから声援を送った。

 PK戦に出場した11人は6日のPK戦開始時と同じ。けがや病気で出場できなくなった場合のみメンバー変更が特例で認められた。キッカーの順番は5人目までを含めて前回と変えても構わないルールで行われた。

 6日のPK戦では、奈良クの4人目が蹴る直前に軸足でステップを踏むようにした動きを、主審が「不正なフェイント」と判断。競技規則に従えば、キックは失敗扱いとすべきだった。双方1人を残したその時点で名古屋4―2奈良クとなり、名古屋が3回戦に進出するところだった。

 しかし、主審はキッカーに蹴り直しを命じてPK戦を続行。6人目で奈良ク5―4名古屋と決着した。試合翌日、外部からの指摘で適用ミスが発覚し、日本協会が「試合結果に直接影響を及ぼす」として、異例のPK戦やり直しを決めた。

 その後、日本協会の審判委員会は映像をもとにやり直しの発端となったシーンを検証。主審がフェイントとみなした動作も「助走の一部」で、判定は「誤審」だったとの見解で一致した。結果的には、審判の誤審と競技規則の適用ミスの二つが重なったが、「主審の判定は最終なもので尊重されなければならない」として、判定は覆らなかった。