[PR]

1985年・決勝

 「甲子園で真っ先に思い出すのは最後のシーン」とPL学園のエース桑田は言う。「ぼくは三塁ベンチ前でキャッチボールをしていた。もう投げられない。『決めてくれ』と思っていた」

 九回裏2死二塁。3番松山の打球がライナーで右中間を抜けていった。「安本が二塁に盗塁を決めてくれたのが大きかった。長打はいらん。ヒットでええと思えた」

 その安本が三塁を回って本塁に…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら