1歳の息子が殺された 離婚、小さな人形、父の23年間

有料会員記事

斉藤佑介
[PR]

 1995年5月3日。夏のように、暑い日だった。

 塚田克明さん(56)は妻と1歳3カ月の長男翔輝(しょうき)ちゃんを連れ、愛知県豊田市の実家に帰省した。

 昼過ぎ、父鍵治(かぎじ)さんが翔輝ちゃんを抱き、散歩に出た。

 電車でも見せに行ったのか。そんなことを考えていると、隣の神社の方から、鳴り続けるサイレン音が聞こえた。境内へ走った。2人が倒れていた。

 腹から血を流した父は孫の方へ手を伸ばし、目を見開いていた。すぐ近くに翔輝ちゃん。少し先で、2人を包丁で刺した50代の男が取り押さえられていた。

 塚田さんが病院に着いた時、2人は息絶えていた。処置室を出て、廊下にあった灰皿を、思いっきり蹴り上げた。

 同年秋、男の裁判が始まった。だが、すぐに停止された。精神疾患の悪化が理由だった。

ここから続き

 事件後、塚田さんは妻と離婚…

この記事は有料会員記事です。残り616文字有料会員になると続きをお読みいただけます。