[PR]

 トランプ米大統領は28日の演説で、欧州連合(EU)の報復関税に耐えかねて生産の一部を米国外に移すと発表した米高級バイク大手ハーレーダビッドソンに対し、国内生産を改めて要求。「俺たちをなめるなよ」とクギを刺した。

 米中間選挙を今秋に控えており、自らの政策で生産が海外流出する事態に、いらだちを募らせているとみられる。

 米中西部ウィスコンシン州でこの日、シャープの親会社、鴻海(ホンハイ)精密工業(台湾)が約100億ドル(約1・1兆円)を投じて建てる液晶パネル工場の起工式があった。

 スピーチに立ったトランプ氏は、自らが進めた減税や規制緩和などの成果だと自賛。「米国以上に工場を建て、人を雇い、成長するのに適した場所はない」と述べた。

 鴻海の工場は米国産のセメントや鉄鋼で建てられるなどと誇ったうえで、ハーレーをやり玉に挙げた。「その美しいバイクを米国でつくってくれ。お願いだ」と懇願しつつ、「俺たちをなめるな、なめるなよ。客はハッピーじゃない」などと念を押した。

 ハーレーの本社は、鴻海の工場…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら