[PR]

 2017年に栃木県那須町であった雪崩事故で亡くなった那須塩原市の浅井譲(ゆずる)さん(当時大田原高2年)の母道子さん(52)が、譲さんが愛用していたスポーツタイプの自転車で、8日に那須高原で開かれる大会「那須高原ロングライド」に参加する。前向きな気持ちで生きていくため、「(譲さんが)やりたかったことを一緒にやってみる」という。

 自転車は、譲さんが中学2年生のころに購入した。アウトドアでの活動が好きな夫の慎二さん(48)と家族共用のサイクリング車だった。地元のほか、茨城県の国営ひたち海浜公園などを走った思い出もある。

 譲さんが高校に進学してからは、通学用に使われていた。学校まで往復25キロ以上の距離だが、体力のある譲さんは、山岳部員としてのトレーニングも兼ねて毎日乗っていたという。

 突然の事故で学校に通うことは…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら