[PR]

 気象庁は29日、関東甲信地方が梅雨明けしたとみられると発表した。記録が残る1951年以降、同地方では最も早い梅雨明けで、6月は初めて。これまでで最も早かったのは2001年の7月1日だった。昨年より7日早く、平年より22日早い。

 今年の梅雨明けはこれまで沖縄地方と奄美地方だけ。昨年に続き、2年連続で九州より早い関東甲信の梅雨明けとなった。

 同庁によると、29日は関東甲信とその周辺で気温が上がり、昼過ぎまでに新潟県長岡市で37・0度、山形市で36・7度を記録。いずれも6月の最高を更新した。東京都心では28日まで4日連続で真夏日となっており、29日を含め、今後1週間先まで最高気温が30度を超える日が続くとみられるという。

 また、九州北部地方では梅雨前線に湿った空気が流れ込んだ影響で、猛烈な雨が降っている地域がある。30日正午までの24時間降水量の予想は、福岡、佐賀、長崎、熊本の各県で120ミリ、大分県で100ミリ、山口県で80ミリ。気象庁は土砂災害や浸水害、河川の氾濫(はんらん)への厳重な警戒を呼びかけている。