[PR]

 男子バスケットボールのワールドカップ(W杯)アジア地区1次予選が29日、千葉ポートアリーナで行われ、B組の日本(世界ランキング48位)が、79―78でここまで全勝の豪州(同10位)に競り勝った。日本が豪州に勝ったのは初めて。日本は1勝4敗で台湾(同55位)と並び、7月2日の直接対決で日本が勝利すれば、2次予選進出が決まる。

 1次予選は16チームが4組に振り分けられ、B組は日本、豪州、フィリピン、台湾の4チーム。ホーム・アンド・アウェー方式の総当たり戦で、上位3チームが2次予選に進出する。